◆新規絵更新情報◆

◆更新履歴◆

◆拍手ありがとうございます、感想戴けると励みになります。
※現在ブログ記事カテゴリ「拍手返信」で返信しております。
※事務的な要件は拍手ではなくaboutのメールよりお願い致します。
※拍手からのリクエストはお受けしておりません。

過去の更新
続きを読む →

BrisSymfoni追加

Bris Symfoni販促

スヴェンの4エレメントシリーズ、風の交響曲できましたー。
靴が気に入ってます(極所的)

今回Twitterに経過を出さずコッチでこもってやってました。


なかなか楽しかった。ブログだとあとの記事整理がメンドウなんで結構気に入ってます。

かぞえったーで積み重ねるのも楽しい。
16枚目!

‪描きたいもの羅列‬
‪カクテルタグの絵(ベクテルとミキ?)‬
‪4エレメントのラスト大地と番外で光?‬
‪一週間タグ買い物中‬
‪アイテム絵テンプレ‬
‪200フォロワー記念のタグ募集‬
‪やりたいことたくさんあり過ぎて手が回らんですね…平日描く気力があればなぁ。‬

7/13に

またクラシックコンサート行ってきました。
あまりにも良かった…
ハイドンの天地創造だったんですが指揮者の方がNHK古楽の嗜みとかでお話しされてる方で
なんとか30分前ギリギリにつけたのでお話伺う事が出来ました。
ハイドン聴きながらヘンデル臭がしてくるのは、本人がリスペクトして真似しているためなんですと。
どっちかわからん、と言うのは正しいんだそうで。おもしろい。

歌声が入るんですがソプラノよりはテノールとバリトンばっか聴いてましたw
テノールの方の歌の伸びが美しかった。見た目印象は細身のさだ●さしみたいな方でしたが驚異の美声。すごい。

また10月ごろ行きたいな。

今更四年くらい前の曲にハマる

ジムで流れてて良いなぁとどっかで思っていながらスルーしてて
スマホゲームの広告にカラオケ系アプリのが入っててその中で歌詞付きで流れてきて良いなぁと。


CheepThrills いいです。
リズム感。

米津玄師さんのlemonとルーザー最近好きなんですがどっちもリズムがトリッキーですよね、
リズム感良くするのってどうしたらいいんだってばよ。

先日たすくこま さんのX Japan 紅→痩せない を聞いて本家の演奏を動画で拝見して
あまりのドラマーの凄さとギターのとんでもなさに驚いてあぁそりゃ人気なはずだなって改めて感じいってたりしました。
彼らもまたリズム感すごいとんでもない。(語彙力のない感想)

指揮者ってのを考えてた時に、音感も勿論神ってるんだと思うんですが
一番すごく必要なのってリズム感なのではないかなって思うんですよね
更に情感、感性。
3時間超えるシンフォニーを一息に引っ張って行くバイタリティと体力も。
すごい仕事だなぁと思います。

そんなスヴェンを描ききれるのか。
頑張るしかないけどな。

あと引っかかってるのが!
日本人だから自分は無いんですが、連中外人だから 日常の動作として普通に 「踊る」 んですよねパーリナイ!
そのアクションと感性が分からん。顰蹙とか歓迎とかの感覚も分からん。
完全な手探り感。リズム感好きなら絶対ノルの好きだろうしなぁ、
でも耳を異常に大事にして音楽不必要に聞かないからどんなもんだろう。
アメリカンとインドとフィリピンくらいしか外人サンプルが無いので北欧人の感覚が知りたい。
ちなみに↑三者は全員踊ります。音楽即ダンス。

これはどうしたら感覚掴めるかってアマチュアのダンス動画とか見るしかねぇな。北欧人の。
ABBAとか有名だし多分スウェーデン🇸🇪も踊るんだろうかな…手強い。
でもスヴェンはパリピだけどその場の楽しい空気が好きってだけの可能性…いやでも出来ないわけではないし
シャイでも無いから楽しいと思えば踊るなぁやっぱ。うん。
(動画見てきた)
あ、やっぱ普通にトランス踊るわ。了解した。うーん、ザ・外人。

アイキャッチの絵、気に行ってるけど少し古く感じてきたぞ。

自分の

2019

これまで登ってきた崖の高さを実感するような出来事(大したことではない)があったりして感慨深いです。

絵で見ても結構一目瞭然で。

■去年のスヴェンかき出し期

2018
2018

■今年

2019
2019

何というか、画面密度が全然違うんですよ(・∀・)!

■一年間比較

一年比較1
一年比較1

2018/02と2019/02

一年比較2
一年比較2

2019/06と2018/06(これだけ左側が新しい)


一年比較3
一年比較3

2018/03と2019/03


いやすごい成長したなって。
これはスヴェンという存在ありきで自分で感動しました。
自分の描きたい対象を描くと捗るし伸びるようです。オススメしたい。
もう皆さんやってますね。自分今まで自分の好みを避けて描いてきた感あるんで(客観視できなくなると嫌で)今回スヴェンが初でした。

驚いた

気を良くしてしまうんだが調子乗るのはよくないな
何って文章SNSに普通にポツポツ反応頂けてて。
なーーーーーーーーんにもアレ以来触ってないんですがマジかと。有難い。

人多いのかな、ノベルアッププラス。こんな観念的な短編中の短編にありがたすぎる。
ノベルアッププラス

マグネットにも一件頂けてる!Σ∑(゚Д゚)

うっかり中途半端に終わってる中編連載したくなっちゃいましたぜ。
いやしないけど。スヴェンのアレが先ですな。

アイキャッチは意味なく残念なサムネです。顔が映らない…w(ノ∀`)

ベクテルファンタジー版衣装と頂き物と(・∀・)

脱猫被りベクテル

ベクテルのキャラページ&ギャラリー更新です
そして神ってる頂き物も!🙌∩^ω^∩

こんなに描いていただけて良いのか(ノД`*)
嬉しすぎる喜びに溢れております∩^ω^∩✨

なつびさんから頂いたニア200フォロワー記念のお祝いスヴェン、
ものすごく雰囲気というか気配!がスヴェンで感激です(ノД`*)本人の存在感!
そしてベクテルファンタジー衣装を更改後光の速さで描いてくださったねーちゃんさん宅のお父さんとベクテルのコラボ絵!∩^ω^∩✨

幸せすぎると思う。
たるを知って噛み締めて生きたい。

中途半端

ポップアートってあるじゃないですか、アンディウォーホル的な。
アメコミタッチで描いたマリリンモンローみたいなやつ。
ああ言うのってまさにコミック共通言語を用いてアートを作成したって感覚が腑に落ちるしわかりやすい気がするわけです。まさにポップアート。

が、
自分の作風ってそう言うんでもないんですよね。
コミック系の方々にはアート寄りといわれ
アート方々にはコミック扱いされるんで
普通にどこにも居場所がない。カテゴリがない。

キャラタッチの線のシンプルさとかはコミックだと思うんだが
共通言語を使っていないその空白?な感じが中途半端にアート感の錯覚を生みがち?なのだろうか。わからん。

いや、これはむしろアート側の許容範囲とかの問題ではないのかなとかふと思わないでもないような。
なんでもアリな答えのない世界のアートがなぜ「これはアートじゃない」と除外できるのか。
デザインとアートが正反対のものだとして、自作はデザインか?いやそんなことはないわけで。

やっぱ色々出していくべきなんだろうなぁ
出した中で模索していくしかなさそうだ。

以前お店とかギャラリーの委託に申し込んだら
「お前のようなコミック作風ではうちには置けんな」的なのを受けて(でも季刊Sとかにいそうな絵は🆗な場所だった)
ものすごくものすごくダメージ入ったんですよ。
「お前は違う」ってのが。

じゃぁ、私はどこに行ったら良いのかな。って。
居場所は自分がこさえなくちゃダメなやつですかね。
市販品にジャストサイズがない人生。「みんなと同じ」有効範囲にいないもの。

そしてこうして居場所を模索する姿自体スノッブに見えてしまうのだろうな。
もうどうしろと。

解決策
1 きっぱりやめる。画風を変えて共通言語を使えるように直すか、一切辞める。メンタル的には切腹に近い。
2 敢えてやってますが何か?と言うシ二リズムに染まる。厨二か。
3 暗中模索継続

プロ志願なら1は必須だろう。商業はデザインと需要の世界だからスタンダードに合わせねば意味がない。
でも自分はプロは求めてないってか向いてなかったのでそれ一本は考えてない。
せっかくアマチュア路線で行くなら制限なく好きな画風がいいよなぁ。

‪昨日の殺人鬼キャラを作ると個性がーというのを見かけて半日考えていたけれども‬
‪自分創作だと殺人鬼は社会生活営めず服役中の囚人しかおらんかった。

母集団の治安が良いなら野放しにはされず治安が悪いなら殺人鬼という概念がない。‬
‪従軍帰りの退役兵で殺人衝動を抑えて生きる人、ってのはいるが抑えてるから殺人鬼じゃないしな。‬

一応そんな退役軍人の簡易プロフ

ジャコモ・サーレン(42)
とある国にて従軍し生き残って帰還。
現在は軍人職を離れ、元々付いていた家具修理工の職に復帰している。
妻子もあり表向き「元どおり」の暮らしをして見えるが
決して酒は飲まず、妻などの女性や子供と二人きりにならないように努めるなど、
きわめてストイックな生き方を続けている。
「健康上の都合」のためだと本人は語るが、その目は人間への不信感と己への絶望に満ちている。

この手の人は絵にはしないな。一枚絵にするにはあまりにも美的ではない。

絵で描くのはおっさんならダンディみな魅力的なのがいいな
ジャコモ氏はあまりにもおっさんおっさんしてしまっている。

彼がしかしいつまで「壊れずに正気を装えるか」と言うのはドラマだと思ってます。

あんまし考えない方がいいんじゃ無いのか

下手な考え休むに似たりとはよく言ったもんで。
自己分析でやたら客観視したがるけど、自信のなさはそんなもんじゃ補えないよなぁと。

じゃぁどうやったら自信ってつくのよ、と思うけども。
こんなん見ると自信って悪いものとすら思えてくるしね。
でも自信が欲しい。

色味とかが色分解色覚発達の感覚まだまだなごってるのはわかった
塗り技術も上がって複合的に色彩で遊びつつ質感リアリティ出せるようになった
表情だって描くの好きだし全身図も描くの好き。
で、アイテムや背景もそこそこ好き。動物も好き。

足らんもんってなんなんですかね?
きっと何かが足らないのだろうけどわからない。

考えてないで描くべきなんだろうな、結局は。